買うよりレンタル?オフィス用品はどこまでレンタル可能なのか

こんなものまで!?大きなレンタル

会社の資産?借りた方がお得?

レンタルと言われればスペースや机、椅子辺りは想像に難くないかもしれません。
業者によっては会議やコンベンション用にセットした会場をレンタルしてくれるところもあります。
自分のオフィスに置くにしても同様です。
中々、買いに行こうと思えるサイズや量で収まることはすくないですし、必要な量がその場で揃うとも限りません。
場合によっては発注してから数か月必要になったり…それならばいくつかまとめて、もしくは新オフィスの場合は最初からレンタルするという手もあるのではないでしょうか。
もちろん短期間しか利用しない営業所であっても同様です。
引っ越しのように運ぶにも廃棄にもお金が余分にかかってしまうのであれば、返すという最後も楽で良いかもしれません。

デジタルからアナログまで、会議に便利!

返す方が安い、それに当たるのはやはりコピー機やシュレッダーでしょうか。
紙を多く使うオフィスは個人情報を廃棄するとき必須といってもいいほど、悪用は怖いものです。
コピー機は特殊インクやトナーを利用していると別で業者を頼まなければいけません。
これがなかなか、手間に感じる方もいらっしゃると思います。
レンタル業者を挟むのであれば、仲介してくれることがほとんどですし困ることは少ないかもしれません。

それと逆であまり紙を使わないオフィスも増えてきています。
データの方が修正も早いですし、環境にも優しいとシステム系統はパソコン業務が多いですからそうなってくるのも当然と言えるでしょう。
そんな場合でも椅子や机、プロジェクターなんかは使うかもしれませんね。
大きい備え付けのものがあるのであれば別ですが、頻度が低い場合はその都度借りる…そんな使い方はいかがでしょうか。


この記事をシェアする